アレもコレも高知のもんばっかり!

いちじゃものは2019年9月20日に、とさのさとアグリコレット内にオープンした高知の食材にこだわったお店です。

高知の豊かな食材や食文化を通じて、つくる人、食べる人、働く人、その全ての人を笑顔にしていきたいと日々奮闘しています。

高知県内各地の新鮮で安心安全な食材を、美味しくてワクワクするような料理方法で、その先にある未来につなげていくことを目指しているお店です。

いちじゃものは【食で笑顔を!】をコンセプトに、地産地消、そして食材の旬にこだわり、美味しい魚の時期には魚を、美味しい野菜の時期には野菜を、美味しいお肉の時期にはお肉をというように、その時そこでしか食べられない逸品をビュッフェと共に楽しめます。

長く高知に住む舌の肥えた人すらも唸らせ、常連にさせてしまう高知の本当に美味しい料理をぜひご堪能下さい!

「高知の食をよりよいものにしたい!」それが創業当初からの私たちの変わらない思いです。

57090

「いちじゃもの」店名の由来

番じゃもの

素材・味・サービスにおいて最高を目指します。

じゃもの

市場のような賑わい・楽しさを想像します。

ちがいじゃもの

土佐弁で「いちがい」は頑固という意味。高知の食材・食文化に頑固にこだわり続けます。

いちじゃものが大切にしてゆく4つのお約束

誠実であり続ける

日々の活動において、人や地域に対する責任を自覚し、常に誠実な心で行動します。

夢や情熱を抱き続ける

高知の食をより良いものにしてゆく熱い情熱を持ち、そのために必要な努力を惜しみません。

未来を思い描く

社会に与える価値や意義を考え、さらにその先の世代のことまで考え行動します。

ともに生み出す

互いに協力し合い、信頼されるパートナーとして、ともに成長し、新しい未来をつくります。

メディア掲載

<TV>

・高知さんさんテレビ
・高知放送
・テレビ高知

こちらのTV局で紹介されました!

いちじゃものTシャツ販売中!

いちじゃものオリジナルTシャツが登場!
バックプリントは、「いちじゃもの」の文字があり、胸元には全部で5種類の土佐弁がワンポイントで入っています。

「いんいん」   → うんうん、はいはい(相づち)
「こじゃんと」  → とても、たくさん
「へんしも」   → 早く、急いで
「りぐっちゅう」 → 凝る、飾る
「きいや」    → おいで、来てね
自分用に、また県外の方への贈り物にいかがでしょうか?
海外サイズなので、ワンサイズ下がオススメです◎